CHEF

シェフ紹介

八重洲店 店長:アロキア・スワミィ

南インドのチェンナイ出身。
1975年からチェンナイの5つ星ホテル「タージホテル」に勤務。
その後1985年からカタールのラマダホテルに勤務。
1988年に来日、銀座のインド料理店「アショカ」に勤務後、
2011年にダクシン八重洲店の店長に就任。
日清のカップヌードルのCMなど、TVにも多数出演。
在日三十年の経験を生かした流暢な日本語と
お客様に寄り添ったフレンドリーな心配りで皆様をお迎えします。

南インド料理メインシェフ:アヤナール

1999年からインド国内レストランのコックを経て、5つ星ホテル「ハイアットリージェンシー」にて南インド料理のシェフとして勤務。
2010年に来日し、南インド料理ダクシン八重洲オープンのメインシェフに就任。
卓越したスパイス遣いと豊かな経験、食べる人のことを第一に考えた優しく奥深い味わいのカレーには国内外からもファンが多い。

タンドールメインシェフ:サラヴァンナン

1998からインド国内のレストランのコックを経て、5つ星ホテル「インペリアルホテル」にて南インド料理のシェフとして勤務。
2009年に南インド料理ダクシン東日本橋店オープンのため来日。
カレーとタンドールのメインシェフとして腕をふるう。
南インド料理本来の美味しさを際立てつつ、スパイス料理が初めての方でも楽しめる工夫と愛情のこもった逸品をご提供します。